歯科は安心して受けられるようになっており技術も進歩しています

治療を受けている女性

補綴治療

各種補綴治療も提供しているため歯の機能や見た目も回復できる

各種補綴治療を提供しているため、歯科に掛かることで失われた歯の代替として人工歯を入れることで、口腔の機能回復を図ることもできます。 歯科が取り扱う補綴治療は幅広いものがあります。例えばクラウンならば、歯の頭の部分である歯冠が失われても、どの土台である歯根があればクラウンと呼ばれる人工歯冠をかぶせることで、元の歯に近い機能を提供できます。 またブリッジ治療も提供しており、歯が1本や2本失われた場合でも、その両側の歯に橋を架けるようにして、人工の歯を歯根を土台に立ててセメントで固めることで、補綴治療を行います。 他にも部分入れ歯や総入れ歯といった補綴治療や、インプラント治療なども提供しているのが歯科の補綴治療です。

歯科と類似競合する口腔外科の仕事との比較

口腔外科はう歯や歯周病の治療以外の顎口腔系の外科措置を主に行う標榜科目の1つです。一般外科と歯科のどちらの分野にも属しており、そのため歯科とは類似競合する関係にありますが、治療領域に関しては前述のように、う歯や歯周病は除くため、歯科とは明確な違いもあります。 口腔外科はその医師の出身科は歯科のこともあれば、外科のこともありどちらでも問題ありません。その治療としては抜歯を行ったり、舌癌や歯肉癌などの治療を行うこともあります。このため形成外科としての性格も有しており、それが外科が担当する事も多い理由となっています。 このような事から、歯科と比べると抜歯など共通する治療もありますが、口腔やその周辺部の施術まで担当することが多いなど、違いも多くあります。

Copyright © 2015 歯科は安心して受けられるようになっており技術も進歩しています All Rights Reserved.