歯科は安心して受けられるようになっており技術も進歩しています

治療を受けている女性

手術中の痛み

気になる手術中の痛み

インプラント治療は、「第二の永久歯を作る治療」と言われています。 アゴの骨に穴を開けて、そこへ金属製の人工歯根を、新たに埋め込みます。 このように人工の歯根が、骨の中にしっかりと埋め込まれる為、インプラント治療を行えば、入れ歯のようにがたついてしまうといった、不便さを感じる事は無くなるのです。 しかし、アゴの骨に人工歯根を埋め込むと聞くと、手術中にかなりの痛みを伴うのでは、と心配になる方も多いでしょう。 手術を行う際は局所麻酔をするので、ほとんど痛みを感じません。 痛みを感じたとしても、虫歯を抜いた時のような痛みしか無いので、痛みを心配する必要は無いでしょう。 また、手術後も必ず痛み止めを処方されるので、その点でも安心です。

不安が強い方は静脈内鎮静法で手術を受けよう

インプラント治療は安全性が高いので、安心して受けられる治療法と言われています。 ただし、アゴの骨に穴を開けるといった外科的な手術を行う為、中には不安から施術を受けられないというケースも出てくるようです。 一般的にインプラント治療は局所麻酔で行いますが、不安が強いという場合には「静脈内鎮静法」という、施術を行いつつ手術を行うクリニックもあるようです。 静脈内鎮静法とは鎮静剤を点滴で、投与しつつ手術を行うという特徴があります。 半分眠ったような感覚の中で、手術が進められる為、不安や緊張を軽減する事が可能です。 もし、手術に不安感や恐怖心を強く抱いているのなら、この静脈内鎮静法を行っている、クリニックを選んでみてはいかがでしょう。

Copyright © 2015 歯科は安心して受けられるようになっており技術も進歩しています All Rights Reserved.