歯科は安心して受けられるようになっており技術も進歩しています

治療を受けている女性

矯正時期

1人1人矯正時期は違います

 子供の歯並びが気になるのは、「乳歯」が抜け「永久歯」が生えてきたときではないでしょうか。小学校入学前頃から、徐々に永久歯に生え変わります。乳歯と永久歯が混在する時期が長く続き、中学生頃には全ての歯が永久歯に変わります。  この乳歯から永久歯に変化する時期の「小児矯正」は、第1期と第2期に分類されます。子供の歯が生える時期や順番は、1人1人異なります。そのため、第1期は犬歯が生える前、第2期は犬歯が生える頃から矯正治療が行なわれます。それぞれ、治療を行なう場所が異なります。歯の成長は非常に個人差があるので、何歳から治療を始めれば良いかという決まった時期はありません。永久歯が生えてきた頃に何らかの異常を感じれば、小児矯正をおこなう歯科医へ受診することが望ましと言えます。

「小児矯正治療」とは

 子供の矯正治療を行なう場合、口中の空間を作る必要があります。乳歯と永久歯が混在し、口中のスペースが十分でない場合がほとんどです。口中のスペースを作る方法としては、積極的に歯列を拡大する方法があります。抜歯をせずに口中を広げます。  もう1つの方法としては、抜歯を行ないスペースを作る方法です。抜歯される歯は、上下の「第1小臼歯」になります。  今日では「非抜歯」が主流です。しかし、非抜歯にこだわると無理に口中を拡大させたり、審美的な面で不都合がでてくる可能性もあります。とりわけ小児矯正治療の場合は、成人以降の歯並びにも影響を与えます。医師との間にしっかりとインフォームドコンセントを行い、小児矯正治療を始めるのが大切です。

Copyright © 2015 歯科は安心して受けられるようになっており技術も進歩しています All Rights Reserved.